アマゾンペイが便利です。 楽天ペイが便利です。 クレジット 仮設トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com ローリータンク.com NETIS商品.com 焼却炉.com 建設ブログ" 新しい仮設トイレ用消臭液のバイオジーシー600です。 トイレFAQ 相見積 メーカー保証バナー 部品お見積もり 防臭防虫バナー 旭ハウス シャワーユニット 山水籠 アルミブリッジ 領収証

キーワード検索


商品カテゴリ

建設機械

NETIS登録商品専門店

仮設トイレ

焼却炉

安全・保安用品

農機具

電動工具

掃除機・清掃用品

発電機・照明器具

資材・部品

作業工具

測定用品

大工道具

作業用品

エア工具

先端工具

電熱資材・溶接機

荷役・運搬用品

その他商品

仮設トイレの通販サイト建設・ラッシュTOPへ > 建設機械

更新

建設機械専門店



529 件中 1-60 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 次のページへ最後のページへ

【明和製作所】ホンダ前後進プレート [RP200H]

【明和製作所】ホンダ前後進プレート [RP200H]

本店サイト価格:931,765円(税込)

RP200H

詳しく見る

【明和製作所】ホンダ前後進プレート [RP150H]

【明和製作所】ホンダ前後進プレート [RP150H]

本店サイト価格:569,412円(税込)

RP150H

詳しく見る




【明和製作所】ホンダ前後進プレート [RP100H]

【明和製作所】ホンダ前後進プレート [RP100H]

本店サイト価格:408,941円(税込)

RP100H

詳しく見る





【明和製作所】ホンダ直結ランマ [HR70DU](低騒音)

【明和製作所】ホンダ直結ランマ [HR70DU](低騒音)

本店サイト価格:306,706円(税込)

HR70DU

詳しく見る

【明和製作所】ホンダ直結ランマ [HR70U] (低騒音)

【明和製作所】ホンダ直結ランマ [HR70U]

本店サイト価格:297,647円(税込)

HR70U

詳しく見る



【明和製作所】ホンダ直結ランマ [HR70D]

【明和製作所】ホンダ直結ランマ [HR70D]

本店サイト価格:283,412円(税込)

HR70D

詳しく見る


【明和製作所】ホンダ前後進プレート [RP60H]

【明和製作所】ホンダ前後進プレート [RP60H]

本店サイト価格:271,765円(税込)

RP60H

詳しく見る

【明和製作所】ホンダバイブロプレート [HP80TPW]

【明和製作所】ホンダバイブロプレート [HP80TPW]

本店サイト価格:269,500円(税込)

HP80TPW

詳しく見る

【明和製作所】ホンダ直結ランマ [HR70U]

【明和製作所】ホンダ直結ランマ [HR70]

本店サイト価格:269,176円(税込)

HR70

詳しく見る
【明和製作所】ホンダ直結ランマ [HR60U] (低騒音)

【明和製作所】ホンダ直結ランマ [HR60U] (低騒音)

本店サイト価格:269,176円(税込)

HR60U

詳しく見る



529 件中 1-60 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 次のページへ最後のページへ

建設機械とは?

建設機械(けんせつきかい)とは、土木・建築の作業や工事に使われる機械の総称であり、広義では全ての作業用機械を指しますが、日本建設機械化協会の狭義では一般土木工事用機械(河川・港湾・橋梁・農用地造成工事用機械を含み、ダム施工・除雪専用機械を含まない)のみを指すこともあります。

建設機械は省略して建機(けんき)とも呼ばれています。

人の手で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどで、建設工事を大別すると、土木工事と建設工事に分類されます。

土木工事には、道路、港湾、河川、鉄道などの工事(これらはさらに舗装やトンネル工事と結びついている)があり、建設工事とは、建築上の建物を建設する工事のことを指します。

また、建設機械には労働安全衛生法などの法律が適用されます。

建設機械は、高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などにおいて日本の社会資本整備に果たした成果は大変大きいです。

20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められております。

一般的になじみのある建設機械の例を挙げると、油圧ショベル(ショベルカー)やラフテレーンクレーン(クレーン車)などがあります。

日本では、戦時中に少数のブルドーザが小松製作所により、また「ショベル」も少数が神戸製鋼所、日立製作所などで生産されていました。

戦後、復興に伴う国土の早急な再構築が叫ばれ、機械化を図る機運が当時の建設省を中心に高まり、ブルドーザ、ショベル(ワイヤ式)、油圧ショベル(バックホウ)などが次々に開発、製造されました。