相見積 メーカー保証バナー 送料バナー 旭ハウス シャワーユニット 山水籠 アルミブリッジ 災害トイレ クレジット 領収証 仮設トイレ.com 簡易トイレ.com 簡易トイレ.com アルミブリッジ.com 仮設シャワー・風呂.com NETIS商品.com 建設ブログ"

キーワード検索


商品カテゴリ

建設機械

NETIS登録商品専門店

仮設トイレ

焼却炉

安全・保安用品

農機具

電動工具

掃除機・清掃用品

発電機・照明器具

資材・部品

作業工具

測定用品

大工道具

作業用品

エア工具

先端工具

電熱資材・溶接機

荷役・運搬用品

その他商品

仮設トイレの通販サイト建設・ラッシュTOPへ > 焼却炉

更新

焼却炉専門店

1 件中 1-1 件表示 


1 件中 1-1 件表示 



7 件中 1-7 件表示 




7 件中 1-7 件表示 

焼却炉とは?

焼却炉(しょうきゃくろ)は、可燃ごみの焼却処理とともに排出された有害物質の無害化を行う施設である。ごみを焼却することによって、体積を減らせるだけでなく、殺菌や害虫駆除をすることもできる。焼却処理された残渣などは、最終処分場に埋め立て処分されたり、セメントなどの原料として使用されたりする。食品廃棄物のサーマルリサイクルや医療廃棄物の無害化に利用される。

建設業では、廃棄物の処理に焼却炉を利用します。廃棄物の処理には第三者機関に委託する場合もありますが、廃掃法により廃棄物の排出者自己責任が定められており、企業や自治体は自分達の廃棄物を自社処理することが望ましいとされています。焼却炉は「廃棄物処理法」、 「大気汚染防止法」、「悪臭防止法」、「水質汚濁防止法」、「騒音規制法」、「振動規制法」、「ダイオキシン類対策特別措置法」により法的な 規制がされている場合が多く特に2002年12月施行の改正廃棄物処理法において家庭用焼却炉を含め、全ての規模の焼却炉に対して 構造的な新基準が定められました。以下にその詳細を示します。

・空気取り入れ口及び煙突の先端以外に焼却炉設備内と外気が接することなく、燃焼室において発生するガスの温度が800℃以上の状態で廃棄物を焼却できるもの。

・燃焼に必要な量の空気の通風が行われること。

・外気と遮断された状態で、定量ずつ廃棄物を燃焼室に投入することが出来ること。

・燃焼室中の燃焼ガスの温度を測定できる装置が設けられていること。

・燃焼ガスの温度を高温に保つことができるよう、助燃装置が設けられていること。

焼却炉の焼却能力に応じて自治体のへ届出・許可が必要な場合があります。

1時間に50kg以上(1日に400kg以上)の焼却能力を持つ焼却炉は届出が必要。

1時間に200kg以上(1日に1600kg以上)の焼却能力を持つ焼却炉は許可が必要になります。

なお、建設ラッシュで扱っているものは届出が不要なものがほとんどです。